• ホーム
  • インポテンツ治療で血圧の影響が気になるなら病院へ行こう

インポテンツ治療で血圧の影響が気になるなら病院へ行こう

2020年04月12日

インポテンツの症状に苦しんでいる方も多いと言えますが、クリニックでは国産の純正品であるバイアグラやレビトラなどを処方してもらうことができます。
インポテンツの治療にはED治療薬が有効と言われており、日本では3種類のものが承認されています。
クリニックでは、バイアグラの他にもレビトラやシアリスについて取り扱っていますので、患者の状態によって選択することができます。
ED治療薬の処方を受けるためには診察が必要となりますが、初診料や再診料などは無料となっており、性器の診察を行うこともありません。
院内処方によってED治療薬を受け取れますので、他の薬局に行く必要はないために、恥ずかしくて治療が受けられないという心配をしなくても済みます。
若い方の場合には、心因性の要因によるインポテンツの症状が現れている可能性もありますので、クリニックではそのような症状についても診察をしてもらえます。
インポテンツの原因の1つに高血圧であることが挙げられており、高血圧のときには降圧剤の服用を行います。
高血圧を改善するための降圧剤によって、血圧影響を受けてEDになる可能性も考えられています。
バイアグラなどのED治療薬は、血管を拡張させることで陰茎海綿体の血流量が増加するように促し、勃起の持続性を高める薬となりますので、血圧影響のことも考えて併用禁忌薬となっています。
ED治療に精通している病院であれば、血圧影響のことを考慮に入れてED治療薬の処方を行ってくれる場合もあります。
高血圧症の方でインポテンツに悩んでいるときには、ED治療を専門的に行っているクリニックの医師に相談してみることがおすすめとなります。